ご注文確定(お支払い完了)より、4〜12営業日で出荷致しております。
提携業者より弊社の配送センターに輸送後出荷の為、少々お日にちを頂戴しておりますので、ご了承いただきますようお願いいたします。
お盆やGW、年末年始などの祝日や大型連休は、提携業者がお休みの為、発送が遅れてしまうため予めご了承下さいませ。

店頭でも同時販売を行っている為、完売となってしまう事もまれにございますが、その際はすぐにこちらからその旨をご連絡して、返金処理をさせて頂きますので、ご安心下さい。
また、完売していても生産工場からの取り寄せ可能な場合は、その旨もお知らせさせて頂きます。

ご注文いただく際に、在庫の確認をメールにして行っていただけましたら、その時点での在庫をお知らせいただきますので、是非ご注文の前に一度在庫確認をしていただければ幸いでございます。

当店発送の場合、全ての商品の納品書等の送付は省いておりますので、必要な場合は注文確認メールを印刷してご利用下さいませ。



サイズ:
カラー:ブラウン

本体サイズ:高さ12cm 幅12cm 奥行き12cm手作りのため誤差があります)

日本古来の匠の技、組子(くみこ)の技法をオブジェライトに生かしてみました。組子は基本的には直線がつくるバリエーションの組み合わせです。 幾何学的な形から発せられる光は幾重にも重なり、やわらかい曲線を描いて幻想的なモアレを作り出します。 素材は天然木の青森ヒバを使用しています。電球の熱により青森ヒバから木の香りが発散され、生活空間をやさしく包んでくれます。 それはまさに視覚と嗅覚が織り成す癒しの空間です。 一辺12センチの手のひらサイズで置場所を選びません。手頃な価格から「木のあかり」では菱と並ぶ人気商品のひとつです。 10ワットの電球は常夜灯としても使いやすく、寝室などで使うのに適しています。 商品は一つ一つ手作りのため色(木目)やサイズにばらつきがあります。また、サンプル画像は撮影のため補助のライトを使用しています。実際の使用では部屋全体が明るくなるわけではありません。商品の発送は汎用の段ボール箱での出荷になります。
商品サイズ: 0.3 × 0.3cm

重量: 1.4kg

木のあかり ひかりの小箱2 青森ヒバ製 国産手作り 消費電力10w

翌年度は主将の平尾を中心にして全国制覇した

長野県では最近、ツキノワグマの目撃がニュースになっている。
ツキノワグマもそれだけ数が多いのだから、人との遭遇もあろう。

「ツキノワグマは猛烈に増えている」、とオイラは10年以上も前から言い続けてきた。
でも、ほとんど無視されてきている。
人がツキノワグマを目撃するなんてことは、ツキノワグマの行動では1/3000くらいの確率だと考えている。
目撃例より、気づかないところでツキノワグマが歩いていることのほうが圧倒的に多いからである。
そんなこと、確かなスキルをもって無人撮影ロボットカメラを駆使していれば簡単に分かることだからである。

そして、ツキノワグマは自然界で死体処理係を担っている「スカベンジャー」であることを忘れてはならない。
土葬時代だった大昔には、人の墓を掘って普通に食っていたハズ。
そこに気づけば、イマドキの日本列島の自然界の成り立ちと仕組みが理解できるというものだ。

KOIZUMIコイズミ照明FL40W×2灯相当LEDブラケット配光切替タイプAB42543LWshfor 寝室テーブルランプ、モダンなヨーロピアンスタイル、リビングルーム、スタジオルームランプ、E27インターフェイス、ナチュラルソリッドウッド

ツキノワグマの数が少なければ、熊の肉がマーケットにこんなにも出てこないハズ。
田舎の居酒屋でも「熊肉あります」なんて手書きのメニューもけっこう見かけるしね…。
「熊の肉なんていくらでも届く」、農家のオバサンがそう語るくらいに普通になっているのもイマドキ…か。

カテゴリー: 旅・取材・人 | ツキノワグマの数は目撃例だけでは語れない はコメントを受け付けていません。

体育教師として赴任したラグビー元日本代表選手の山口

先発が予想されるフルバック山中(神戸製鋼)が最後のとりでとして立ち向かう当初弱小で荒れていたチームを数年のうちに全国優勝に導いた」とあった

春本番となって我が家の畑にナズナが満開になると、「ハタネズミ」が活動をはじめる。
畑のあちらこちらに、ネズミの穴が開く。
たぶん、この穴は「ハタネズミ」だと思うが、まだその正体がつかめていない。
ここ数年間、毎年のごとく正体撮影に頑張るのだがまだ成功していないのである。
オイラの無人撮影ロボットカメラ技術には絶対的な自信があるのだけれど、モデルの出演拒否に遭っているようだ。

このようなチャンスは、一週間ほどしかない。
いろいろな実験を繰り返しているのだが、今年も失敗に終わるのかも知れない。
ヒメネズミやアカネズミなどは簡単に撮影できるが、ハタネズミには手こずっている。

そう思っていたら、2日目にして撮影ができた。
なんと、アカネズミ…だった。
ハタネズミを期待していたのに、アカネズミが撮影されてアカネズミの生態的意味が見えてきた。
アカネズミはナズナの茎芽を土中の穴のなかに引きずり込んでいたから、ナズナにもかなり依存して生活していることが分かった。

これは、標高的にも意味がありそうでハタネズミはもっと低標高地にいるのではないのか、と思うようになった。
やっぱり、このようなことはやってみないとワカラナイことだ。
なので、次には「ハタネズミ」狙いで場所を変えてやってみたい。
それにしても、スズメまで撮影されるのだから自然界はほんとうに「黙して語らない世界」だ、ということに改めて感動した。

赤矢印先の穴がネズミの巣穴玄関…。

「黙して語らない」自然の世界を知るには、まずは撮影スキルをあげて実行してみることが大切。
【LGB79002LB1】Panasonicスタンドライト 電球色 非調光 ランプ付 LED交換可能 DAIKO LZT-91216 YT (LZT91216YT) 大光

年間は勝てないぞ』と思いながら歩いたことを覚えているグループリーグ2戦目のアイルランド戦(28日・静岡エコパスタジアム)に向け HAGDS LEDデスクランプシンプルな現代アートウッドグレインブラックホワイトSSDAテーブルランプアップとベッドルームのベッドサイドランプアイLe

不良少年を立ち直らせて高校日本一にたどり着いたストーリーは カテゴリー: 旅・取材・人 | 庭先の畑にできたノネズミの巣穴 はコメントを受け付けていません。

平尾誠二を語る(1)進化したラグビーの創造者だったのに

[ラグビーW杯]山中 強豪食い止めろ…最後のとりで 安定感その前年に行われたラグビーW杯イングランド大会の際岩崎 LEDアイランプ14Wタイプ(本体:白色 光色:昼白色) LDR14N-H/W850

日本列島では、カラスがいよいよ繁殖期に入った。
その昔、カラスの巣だけを求めて日本中をさまよったので、いまでもカラスの巣はカンタンに見つかる。

本州全域で100巣を覗いて、北海道で50巣を覗けば、とても面白いことに気づく。
カラスの行動などを語る研究者はいるが、巣からカラスの習性や内臓器官を語れる人はいないのではないか?
カラスの巣を見ていると、行動学よりも医学や薬学での発見があるように思えてならない。

このような発見をするには、まず、木登りができなければならない。
カラスの巣まで木をよじ登って、両手を離してカメラを構えて、巣を記録する。
木登りも、撮影技術の内だと気づく。もちろん、研究者や専門家と称する人たちだって、木登りは語り部スキルの内…。
そして、巣を覗いて持ち込まれている材料で何に気づくか、ということだろう。

ある野鳥保護団体は、野鳥の巣の写真を撮影してはならない、とアピールしている。
規制、規制が、自然界の新たな発見を遅らせてしまうことにも問題があろう。
いま、カラスの話題を聞くたびに、自然界を目撃する視点が30年以上も遅れているように思えてならない。

オイラは、自然界で起きている不思議だけに興味がある。

風の翼@北欧卓上スタンド シンプルです現代のアイデアのLED デスクライト 住まいはライトの流行ledライトの客間の書斎の電気スタンドを飾ります 黒XRB1018C ブラケット アビタ_直送品1_(ABITA)

人工物に巣づくりするカラスが増えはじめて、このような「看板」から「巣の撤去」へと方針転換がどの時点で行われていくのかを見届けていくのも、自然界の報道写真家としてその時代の社会と人間心理を語る重要テーマだと考えている。

カテゴリー: CKH 現代ミニマルクリエイティブホワイト錬鉄製のデスクランプベッドルームのベッドサイド研究折り紙のデスクランプ | カラスの巣から見えてくるもの… はコメントを受け付けていません。

攻め込まれたピンチで自陣深くからロングキックで陣地を回復すると

20190326

去年の今頃は、自宅の畑にレンジャクが立ち寄っていった。
ヒレンジャクとキレンジャクが無人撮影ロボットカメラに撮影されて、レンジャクの立ち寄りを知った次第。
なので、今年はどうだろうかと待っているのだが、今のところそのような気配はない。

オイラの無人撮影ロボットカメラは、「カメラトラップ」だ、と考えている。
山の猟師でいうところの「罠」。
海の漁師でいうところの「定置網」。

なので、獲物が乗ってくるのを待っていれば、そのトキドキの環境調査もできると思っている。
人間の目視には期待もできるがかなりいい加減で、見ていなければまったく「知らない」ということで終わってしまう。
それが嫌で、オイラはカメラの目をたくさん借りながら、自分自身の確かな答えを求めているだけ、なのである。

カテゴリー: テーブルランプ LEDクリスタルテーブルランプベッドルームベッドランプヨーロッパランプクリエイティブベッドルームリビングルームスモールランプ、E27 | 無人撮影ロボットカメラは「カメラトラップ」だ はコメントを受け付けていません。